Crosstalk

#経営目線 #これからのエムズ

田淵社長さん

エムズの社長 日々まごころ保育に向けて経営をしている スタッフみんなを愛している

Hさん

なんでもできるオールラウンダー エムズの屋台骨として活躍している

Tさん

エムズの優しい採用担当 某お笑い芸人に似ているといわれている

Crosstalk 01

保育士が働きやすい環境を作るために、どのようなことを意識しているのでしょうか

田淵社長

まずは「どの園で働きたいか」という個人の希望を尊重した配置を行っています。認可外保育園、小規模保育園、企業主導型保育園といった複数の形態の園を運営しているので、それぞれの求める保育観に一番近い園で働くことができるよう、毎年個人面談を実施し個人の意見や希望を聴き取る機会を設けています。

H

個人面談ではいろんな相談がでてきます。プライベートの相談なんかもあったりしますね。どんな困りごとでも相談できる仲間ってとても大事じゃないですか?悩みを共感できることで、より絆が深まっている気がします。

T

そうですね。自身のキャリアアッププランについての相談を受けることもあります。キャリアアップについては積極的に社内外の研修を受講する機会を設け、個人の知識やモチベーションの向上を図ることができる環境づくりにも取り組んでいます。

H

資格取得を応援してくれる制度も魅力ですよね!職員からは、「自身のやる気や頑張りを後押ししてくれていると感じる」という声がありました。

田淵社長

女性が多い職場ですので、ライフステージに合わせて一時的に仕事を離れなければならないこともあると思いますが、母子同園の子連れ出勤制度を設けたり、社割で利用できる託児制度があったり、子育てに関する福利厚生面の充実にも取り組んでいます。私自身もかつて子連れ出勤をしていました。

H

働くママにとってはとてもありがたい制度ですよね!私自身もこの制度に助けられています。

T

休暇が取りやすいという点も働きやすさのポイントですね。有給休暇取得率はほぼ100%です。しっかり休んで心身ともにリフレッシュして、仕事に取り組めます。

Crosstalk 02

エムズはママさんの豊かさも大事にするということを重視しておりますが、それに至る背景や実践していることを教えてください。

田淵社長

それにあたる背景はエムズの設立理由にあります。震災から⼀⽉程から、被害も多かった神⼾市灘区で託児のボランティア活動を始めました。
1時間半~2時間かけてカセットコンロをもって毎日活動をしていると口コミの効果もあり、被災後もはたらかなければならないママさんたちからの沢山の利用がありました。
震災の中でも子どもたちの為に奮闘するママさんたちをみて、「ママの⽣活をより豊かに、より便利に!!」という想いが芽生え託児所を開設したのです。

T

その社長の想いは震災後~現在まで大事にしており時代は変われどママさんを大事にする考えは会社の制度としても大事にしておりますよね。
24時間の受け入れ態勢をとっている園もあるので、その園のおかげでママさんたちが夜勤などの勤務でも安心して働けると言っていただけることもあります。

H

私もエムズに実際に預けている母親でもあるので、急な業務の場合などには子どもに夜ご飯も提供してくれたりするのでとても助かっております。

田淵社長

スタッフの皆様にはほかの園よりもこの観点を大事にしてほしいと思っております。もちろん保育園で子どもたちの豊かな成長のサポートをするのは当たり前に大事なことですが、
子どもたちが一番多くの時間を共にするのは母親です。我々が関与しきれない家庭での成長のサポートには、ママさんが豊かであることが必要不可欠だと考えております。
だからこそ、目の前の子どもたちのことの豊かさを考えることは、それが持続できるためにママさんの豊かさへ向けて気遣いをすることと思ってほしいですね。

T

実際にエムズでは雨がふっていたらママさんに傘を渡すなど、子供以外のプラスアルファの気遣いは実践しているスタッフさんもいらっしゃります。

H

またなるべく保護者さんの持ち物の少なさを意識して、布団の持ち帰りが必要なかったり、おむつの持ち帰りが必要ないのでママさんの負担が少なく喜んでいただける声も聴けます。

田淵社長

エムズの方向性が間違っていなかったのだなとより実感したエピソードがあります。
夜職のシングルマザーさんが仕事と両立して、お子さまが小学生に上がる前に資格取得することを目指し、昼は資格取得の勉強をして、夜は仕事でエムズにお子さまを預けていただいていだいておりました。
無事に資格取得を達成し、介護職に就職することができた際にわざわざ数年経ったあとでもなんどかいらしてくださって
「ここがあったから生きてこれた」という言葉を頂けたことがありました。本当にうれしかったです。

H

そういったエピソードを聞くと多様な園を運営していてよかったなぁと思いますね。

T

ママさんが昼職の資格職に就いたことで、ママさんと夜ごはんが一緒に食べられたりすると思います。
エムズの目指している真の子どもの豊かさの為にはママさんの豊かさが大事だと考えさせらますね。

田淵社長

そうですね。民間の保育のエムズだからできるきめ細やかなサービスをこれからも追求していきましょう!

Crosstalk 03

エムズの保育園の子どもたちにおける教育方針を教えてください。

田淵社長

エムズは子どもたちの個性や多様性を尊重し、長所進展で良いところを伸ばしていきたいと考えております。

H

実際に、四季の行事だったり日々の遊びの中でたくさんのことを経験を重ねてもらい、その子どもの豊かな感性を見出しはぐくんでいくことを意識しております。

T

間違ったことをしてしまったらただただ叱るのではなく、なぜそれをしてしまったかをスタッフには考えてもらい、子どもたちの優しい心、思いやる心を信じてあげて対話を意識してもらっております。

田淵社長

①明るく元気な子、②素直に自分を表現する子、③自ら考え行動する子、④思いやりのある優しい子、これがエムズの子ども像になります。

H

よく考えると、エムズの求めるスタッフ層もこの延長線上にあるかもしれませんね(笑)

T

そうですね。(笑)子どもたちの模範とあるべき先生とするのであれば、それで間違っていないのかもしれませんね

田淵社長

そうですね!エムズを卒園してくれた子がエムズに就職してくれるなんてことがあれば嬉しいです!